ブログトップ

おおもり歯科医院

omoridc.exblog.jp

新年会

所属している垂水区歯科医師会の新年会に出席しました。
1年前の新年会での余興は演歌歌手の丘みどりさんでした。
その時紅白出場を目指します、とおっしゃっていて、その宣言通り紅白出場を果たされ、驚きました。

今年の余興は猿まわし。
c0113084_22200445.jpg
神戸モンキーズ劇場からやって来たハヤテくんとお姉さん。
三和音というコンビだそうです。

高度なパフォーマンスに惹きつけられました。
そしてトレーナーのお姉さんと猿のハヤテくんの絆にグッときました。
そこには愛が溢れていたのです。

いいものを見せてもらいました。

新年会には多くの来賓の方がお見えで、議員さんに区長さん、関連組織のお偉いさん。
議員さんの動きにはいつも感心させられます。
ビールをついでまわって下さって、名刺を下さって。

そういう細やかな動きができないと議員にはなれなんでしょうね。
議員になりたいとは思いませんが、見習わなきゃな、と思うところがあります。
選挙で選ばれるにはそれ相応の理由があるんでしょう。

こういう場でないとなかなか会えない同業者同士、久しぶりに会話を交わします。
先輩から教えを頂戴することも。
貴重な情報交換の場でもあるわけです。

新年会に先立って行われた講演会は、フォトコミュニケーション協会の渕上真由さんのお話。
タイトルは「フォトグラファーに学ぶ、患者様やスタッフの笑顔を撮る方法&自然な笑顔で撮られる方法」。

c0113084_22395431.jpg
これもまたおもしろい内容で、ためになりました。
「カメラを通じて人間力を磨く」というのが理念だそうです。

撮った写真には自分の世界観が写し出されるというのはまさにその通りだなあと思いました。
私も写真を撮るのは下手ながらも好きで、動画よりも一枚の写真派です。
お話を聞いて、もっと頭を使って撮らないとなあと反省しました。

また、上手な撮られ方についても教えてもらいました。
おっさんばかりなのですが、隣の人と笑顔を撮り合うという実習まで。

教えてもらった撮られ方のコツは次の通り。
1 口は、ウィ/こんにちは、はー!
2 目は感情を感じる/眉毛を2ミリあげる
3 息を止めない
4 カメラを見ずに、奥の人を見る(感じる)
5 顎を引く

恥ずかしながら、撮り合った二人の写真はこちら。

c0113084_22583465.jpg
こう見えて、二人は同級生なのです。
(右は石井矯正小児歯科クリニックの石井くん)

やっぱり写真は撮られるより撮る方がいいです。

院長

[PR]
by omori-dc | 2018-01-20 23:02 | episode | Comments(0)
<< 寒い中 残り福 >>