ブログトップ

おおもり歯科医院

omoridc.exblog.jp

新年会

1月21日、垂水区歯科医師会の新年会に出席しました。
新年会に先立って行われた講演会では酸蝕症についての話を聞きました。

酸蝕症とは、飲食物により歯の表面が溶けてしまう現象です。
これはまったく特別なことではなく、誰にでも起こっていることなのです。
程度の問題で、ある一定のレベルを超えてしまうと病的な状態になってしまうというものです。

放射線物質の被爆に似ていますね。
普通に暮らしていても自然放射線は誰しも受けています。
医療現場でも必要に応じてレントゲン撮影が行われ、放射線を浴びますが、その量はわずかで、通常はそれにより健康被害が及ぼされる、ということはありません。

酸蝕症も、炭酸飲料やお酢、果物により引き起こされますが、それらは誰しもが口にするような飲食物です。
また、食直後に歯磨き剤をつけて強い力でブラッシングすることでより進行してしまうのです。
食べたらすぐに歯を磨きましょう、という常識が問われています。

過ぎたるは及ばざるがごとし。
なんでもほどほどがいいんですね。
気をつけたいものです。

新年会は、少々堅苦しい会でもあり、まずは会長・来賓の方があいさつを述べられます。
垂水区歯科医師会の会長、兵庫県歯科医師会の会長、兵庫県歯科医師連盟の会長、神戸市歯科医師会の会長、垂水区医師会の会長(代理の副会長)、垂水区長の方々が話をされ、垂水区薬剤師会の会長が乾杯の発声をされ、宴がはじまる、というわけです。
おなかが空いているとこの話の時間が長く感じられるのですが、真面目にみなさんの言葉に耳を傾けてみました。

ちょうどトランプ氏が第45代アメリカ大統領に就任された日だったので、言及されていました。
医療経済にどのような影響が及ぶかが懸念されるということ。
オバマ・ケアが撤廃となれば何らかの代替プランが必要になるでしょうが、それが一体どういうものになるのか。
TPPに参加しないとなればそれによる影響はどうなるのか。

先行き不透明なことばかりですが、日本の国民皆保険制度がきちんと維持されてゆくのかどうか、というところがわれわれにとって最も重要です。
わたしは保険医として、保険診療にベストを尽くすというスタイルですので、国民皆保険制度の行方に医院経営が大きく左右されるのです。
会長の先生方のお話を聞きながら、うかうかしておられないなあと思いました。

神戸市では、口腔保健条例が制定され、昨年の11月から施行されているという話もありました。
公的な責務が今まで以上に求められるのかもしれません。
地域医療の担い手として、持ち場を守っていきたいと思います。

歯科医師の職務の可能性や現在の垂水区歯科医師会のムードなど、区長や薬剤師会の会長さんも持ち上げて下さっていましたが、明るい話題もありました。
確かに、垂水区歯科医師会は若手も多く、活気が復活してきている印象です。(他人事のようで恐縮ですが)

宴会では演歌歌手の丘みどりさんが登場。
さすがの歌唱力でした。

c0113084_10195831.jpg
華やかな新年会となりました。

新年会には政治家の方々も来られます。
志をもって政治の世界で活躍される方には頭が下がります。
どうかがんばっていただきたいですね。

新年会では新入会員が一曲、というのも恒例です。
わたしも10年前におよげたいやきくんを歌いました。

c0113084_10242118.jpg
この方は J-WALK の何も言えなくて夏を歌っておられました。

おつかれさまでした。

院長

[PR]
by omori-dc | 2017-01-22 10:27 | episode | Comments(0)
<< 臨時休診のおしらせ えべっさん >>