ブログトップ

おおもり歯科医院

omoridc.exblog.jp

神戸への思い

わたしは神戸で生まれて神戸で育ちました。
そして今、生まれ育った街で、歯科医院を営んでいます。
ずっと神戸にいると、大好きな神戸のことが、わかっているようで、わかっていません。

神戸で住んでいると、市長に副市長がなるのが当たり前で、そういうもんだと刷り込まれてしまいます。
ずっと神戸の行政サービスを受けていると、それが普通と思ってしまいます。
他の市では子どもの医療費が無料なのはあたり前であっても、それを知らなければ、「そういうもの」です。

だから、神戸に住んで神戸のことが好きでも、「そういうもの」ですませてしまっていることは多い。
外から見ると、おかしなことも、わからない。
今、日本が外国からどう見られているか、というのと似ています。

5月30日、おおもり歯科医院でかしのたかひとさんのミニ集会を開催しました。
かしのさんは神戸市長をめざしている人です。
「神戸を変える」と4年前の市長選で惜敗し、今秋もチャレンジされます。

c0113084_1927886.jpg


こんな小さなおおもり歯科医院の待合室で、手作りのフリップで、神戸の現状や、これからを語って下さいました。
神戸に住んでいるのに、知らないことがいっぱいあります。
神戸はいつまでもみんなが憧れる神戸であり続けるという思い込みは間違っているようです。

神戸の街が、神戸の教育が、神戸の経済がよりよくなりますよう。

とにかく、関心をもつこと。
その人がどんな人か、自分の目で見て、直接話を聞くこと。
その上で、自分で選ぶこと。

今回ミニ集会をさせてもらって、あらためてそんなことを思いました。

院長
[PR]
by omori-dc | 2013-05-30 19:43 | episode | Comments(0)
<< 臨時休診のお知らせ 健診シーズン >>