ブログトップ

おおもり歯科医院

omoridc.exblog.jp

トライやるウィーク・プロフィール

11月5日からの5日間、おおもり歯科医院にトライやるウィークにやって来る中学生二人が事前訪問に来てくれました。
とてもしっかりした二人に会えて、身が引き締まる思いがしました。
楽しく思い出に残る一週間にしたいです。

二人が届けてくれたプロフィールを見て、つくづく感心したので紹介します。

目標

◇積極的に行動する

◆働くことが好きになりたいです

トライやるウィークで学びたいこと

◇医院長先生やスタッフの方の患者さんへの接し方や治療に携わる「思い」をくわしく知りたいです。

◆働くことの大切さを体で感じたいです。病院という場所でどのように患者さんと接するのか、そのときの心の持ち方を学びたいと思います。

おおもり歯科医院の皆さんへ

◇5日間、お世話になります。私は今吹奏楽部に所属して学級では国語係を務めています。私はまだ具体的な夢はありませんが、人を助ける仕事をしたいと思っています。この5日間、医院長先生をはじめスタッフの方々からたくさんお話をきいて、考え、行動していきたいと思います。
どうぞよろしくお願いします。

◆私はバレエを習っていて、その中で自分なりに工夫することを学びました。なので、そのことを生かして掃除などさまざまな仕事を工夫して頑張ります。私は今回トライやる・ウィークを本気で取り組み、自分を成長させたいと思います。五日間ご指導よろしくお願いします。

不安に思っていること、質問したいこと

◇私自身が診療所の中でしっかりと話を聞いて行動できるか心配です。
患者さんと接するときに一番気をつけておられることは何ですか。

◆まだ何もわかってないので、失敗したりして迷惑をかけてしまわないかが不安です。


二人とも目標をしっかり持って、トライやるウィークに望んでくれるようです。
すばらしいことだと思います。
これだけきちんと文章で表現できるんですね、中学2年生。

質問があったので、考えました。
Q 患者さんと接するときに一番気をつけておられることは何ですか。

A 院長のわたしは、「患者さんが何を望んでおられるかを理解すること」です。
実際のところは、100%理解できていないでしょうから、「理解しようと努めること」かもしれません。
そして、理解したことに基づいて、自分にできることは何かを考えます。
患者さんと相談して、あるいはわたしができることを伝えて、できる限り納得していただいた上で、わたしにできることにベストを尽くします。
残念ながら、必ずしもうまくいくとは限りません。
結果は、さまざまです。

できれば喜んでいただきたいし、とにかく役に立ちたいという気持ちを持って、患者さんに向き合うことが大切だと考えています。
また、気持ちだけではうまくいかないので、技術を磨く必要があります。
しかしながら、言うは易し行うは難し、です。

そういうことも、トライやるで少しは感じてもらえたらと思います。

院長
[PR]
by omori-dc | 2012-11-01 22:29 | episode | Comments(0)
<< トライやるスタート 沖縄のフォークシンガー >>